ihio

IMPORTED HOUSE INDUSTRIES ORGNEZATION

トップ >輸入住宅

輸入住宅の紹介


ヨーロッパスタイル
北欧からやってくる輸入住宅の主な母国は、スウェーデン、フィンランドなどで、わたしたち日本とは比較にならないほどの寒冷地です。冬は零下30度から50度、夏は30度近くになるほど、その寒暖差は激しく、この厳しい自然条件が、他の国に例を見ない高い居住性や機能性を持つ住宅を育ててきました。
  ヨーロッパスタイルの住宅の主流となっている「パネル工法」とは、規格基準に基づいて製作された木製パネルを、順番に組み立てていく工法のことで、壁そのものが家全体の重さを支える耐力壁構造になっています。面構造の箱状形態が地震の揺れを分散させる、耐震性に優れた工法です。パネルに使用される木は、北欧の厳しい審査基準をクリアした、樹齢80年から100年という良質の天然木が使われています。

北米スタイル
 北米系住宅の故郷は、ワシントン、モンタナ、アイダホ、オレゴンといったアメリカ西部開拓史の舞台となった地域、そして緑と大地の国カナダです。冬夏の厳しさ、雨量など、自然環境の変化の激しさから生まれた家の快適性は、ヨーロッパスタイルの住宅と同様です。北米系に多くみられる「2×4(ツーバイフォー)工法」は、その名の通り、2×4の木材をベースにした枠組みに、構造用合板を打ち付けた耐力壁で家を支える構造となっています。4つの枠組み壁と1階枠組み床、2階枠組み床(1階天井)の「6面体構造」が、ツーバイフォー工法の基本となっています。面で家を構成するということから、パネル工法に近い特性があります。ちなみに、日本のツーバイフォー工法は、日本でアレンジされたもので、輸入住宅のツーバイフォーとは、合板規格や使用木材の違いがあります。

IHIOならではの安全・安心保証制度
 皆様に将来に渡って、住宅・地盤を保証し安全・安心の保証として、住宅瑕疵担保責任保険、及びIHIO地盤保証制度を利用していただけます。
   

会員会社紹介


selko セルコホーム

お近くのセルコホーム


sweden スウェーデンハウス(株)
本社
 〒154-0004 世田谷区太子堂4-1-1キャッロトタワー23F
 TEL:03-5430-7620 FAX:03-5430-7110
北海道支社
 〒064-0919 北海道札幌市中央区南19条西9丁目2-28 ニューロワイアルビル3F
 TEL:011-513-1881 FAX:011-513-0268
東北支店
〒981-3112 宮城県仙台市泉区八乙女4丁目1番3号 日技・八乙女ビル2F
 TEL:022-372-5870 FAX:022-372-9170
北関東支店
 〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-114-1 ORE大宮ビル4F
 TEL:048-645-5800 FAX:048-645-5855
千葉支店
 〒273-0005 千葉県船橋市本町2-27-25 太陽生命船橋ビル6F
 TEL:047-431-5800 FAX:047-431-6035
横浜支店
 〒220-6116 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB棟 16F
 TEL:045-640-3850 FAX:045-640-3865
東京支店
 〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-15-5 三鷹高木ビル4階
 TEL:0422-60-6620 FAX:0422-55-1033
名古屋支店
 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄4-14-31 栄オークリッジ6・7F
 TEL:052-243-1280 FAX:052-243-5001
関西支店
 〒650-0044 兵庫県神戸市中央区東川崎町1-3-3 神戸ハーバーランドセンタービル16階
 TEL:078-362-1796 FAX:078-362-1791
kuroda クロダハウス

(株)クロダハウス
 〒922-0027 石川県金沢市駅西新町3丁目13-2
 TEL:076-234-3060 FAX:076-173-1510

ページのトップへ戻る